のうかさんになるって大変かな?をしらべたい!

のうかライフ

実家は農業 行動編

植物工場は実現可能か?大手企業さんに問い合わせて見た。やっぱり無理か・・。

投稿日:

P社の植物工場担当に問い合わせしてみた。多額投資が必要か・・。伏字ですいません。

最近流行の植物工場。ハウス型で外気・日光・土を使ったタイプから、完全に屋内でエアコン・照明・水耕で行う密閉型まで、様々なレベルの植物工場が考えられています。

実家はエノキをやっていましたので、比較的密閉型の植物工場に近い農業経営をしてきました。

エノキダケの栽培

種菌をもらい、おがくずを購入。500ccくらいのプラスチック容器(ジャムの瓶のイメージ)におがくず・各種発育用の肥料成分・種菌をつめ、生育させます。生育に最適な温度・湿度を保った部屋の間を3回ほど移動して、ほどよい大きさに育ったら、袋詰めして出荷です。


生育に関しては、雑菌の混入による発育不良をのぞけば、ほとんどが管理可能となります。
対して、おがくずの購入費用・空調の為のコスト・種菌代の変動費や瓶に詰める機械や袋詰めの機械に投資する固定費は、通常の農業以上に経営者(農家)を圧迫します。まさしく”工場”と呼べるレベルだったと思います。今思うのは、天候等の不順に関係なく、一般的な経営知識(損益分岐点とか)を知っていれば、経営できたのは、メリットであったと考えられます。

という生い立ちを考えて・・・

実家にあるエノキ工場を活かしながら、何かできないか?とかんがえ、植物工場に思い当たりました。いろいろ調べると、LED照明の発達とか空調の効率化とかで、30年まえのエノキ工場より高い効率で植物工場が経営できるのではとの考えに至りました。でも、不安はノウハウ部分が全くないことです。

検索する中で・・・P社の植物工場

植物工場について検索する中で、P社のHPが気になりました。お気軽に問い合わせくださいと書いてあるので、問い合わせてみました。P株式会社 アグリ事業推進室というところからメールが来ました。
問い合わせたのは2年前です。そのときは本気で考えていたということだけはご了承ください。冷やかしでは無いです。

少額でのスタート希望との問い合わせをした。

問い合わせ欄に、1000万円程度の少額スタートが可能か?という内容を記入し、送信。3営業日ほどで返信が来ました。
内容は数億円程度の投資がミニマムのスタート地点で、少額のスタートはおすすめしない(というか、やらない感じ?)の内容でした。

さすがに脱サラスタートとしては多額で無理と感じ、数回のやりとりで終了しました。やはり規模が違いすぎましたね。悪い話ですみませんが・・・と言いつつ、小さな農家は相手にしていよという感じを受けてしまいました。

植物工場の可能性

実家周辺にはエノキを生業とする農家さんが他にもたくさんいました。基本的にはどの家も同じ生産方法です。みんな同じだったので、最後は投資合戦の様相をみせ、多額投資できたところが残りました。不毛という意見もあるかもしれませんが、それにより生業を成り立たせていたことを思うと、これもよかったと考えています。いま、エノキはそのような過当競争になってしまいましたが、他の植物による工場は生業として成り立たせるに十分ではないかと考えます。

少額投資を複数集め、クラスターとしての農家集団を形成し、ノウハウの蓄積による共存していく、そんな形の植物工場集団ができてもよいのではないでしょうか?

どうしての"P"が気になる方はコメントください。

 

 

 


-実家は農業, 行動編

Copyright© のうかライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.