読書:農業の経営と生活

      2015/02/13

農業の経営と生活という本を購入

まずは座学からスタートと考えて、七戸長生著「農業の経営と生活」を購入してみました。この本のAmazonでのレビューを見ると農業高校の教科書とのことです。実家が農家なので、完全な素人ではないですが、全体を俯瞰するにはこのような本が必要と考えて購入に至りました。

農業の経営と生活

それでは各論の概要と自分的考察を始めます。

第1章 日本農業を動かすものとは?

日本農業を動かすものとはなんでしょうか?

第1章では農業の歴史/特徴/担い手/世界との関わりという項目が挙げられています。この中で、特に目を引いたのは、世界と日本の1hあたりの穀物生産量の比較データです。日本の農業は狭い耕作地に生産者の努力で高収穫をあげるというイメージです。たしかにこの本のデータでは先進諸国と比較すると、1hあたりの収量は1.5倍程度です。ただし、資料が1986,1987年となっており、かなり古いデータです。

直近のデータをFAOより入手し、まとめると、日本型の農業が高収穫を誇っているとは言い難いデータでした。

穀物類の1haあたりの収穫量

世界との比較では大きく上回っているが、現在では欧米、中国と差はない。つまり、高収量を上げるという部分ではすでに日本の優位性はありません。高生産可能な技術の蓄積が日本の農業を”動かし続けている”と考えていた私はショックを受けました。これからも日本の農業を動かし続けてくれる原動力はどこにあるのでしょうか?日本の役割とは、というなげかけで終わる本章の答えは、自らの力でもっと深く探究し、探さざるを得ないようです。

 

 -本を読んでみた。

ad

  関連記事

AI農業って本当にありなのか?IOTやAIは本当に豊かな農業にしてくれるのか?

AI農業って本当にありなのか? こんな本を読んでみました。 「ITと熟練農家の技で稼ぐAI農業」です

農業経営者という雑誌を買ってみました。

農業経営者という雑誌を買ってみました (株)農業技術通信社という出版社から発刊されている「農業経営者

読書:農業の経営と生活2

第2章 農業経営の組織と運営 第2章は親元で施設園芸を始める若者が、父親から与えられた30haでもう

日本農業経営学会の存在

日本農業経営学会 日本農業経営学会という組織が存在していることに、気づいた。 https://fms

読書:農業の経営と生活 第3章

第3章で一気に経営のお話に切り替わります。農業経営ですが、中身は企業経営の診断にまつわる指標で、単位

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ad

パソナのビルの中の田んぼってどうなったんだろうか?

パソナの田んぼってどうなったんだろうか? 人材紹介を中心とした事業を展開するパソナグループが田んぼを

植物工場は実現可能か?大手企業さんに問い合わせて見た。やっぱり無理か・・。

P社の植物工場担当に問い合わせしてみた。多額投資が必要か・・。伏字ですいません。 最近流行の植物工場

AI農業って本当にありなのか?IOTやAIは本当に豊かな農業にしてくれるのか?

AI農業って本当にありなのか? こんな本を読んでみました。 「ITと熟練農家の技で稼ぐAI農業」です

韓国いちごの美味しさの秘密 日本のいちごはまけたの?

韓国のイチゴはおいしい? 先日の平昌オリンピックで活躍した、カーリングのLS北見。試合中の栄養補給と

AGMIRUという農業資材比較サイト

AGMIRUというシステム 農林水産省の農業競争力強化プログラムの一環として、農業者に役立つ情報の「

  • 長野県在住でしたが、北海道に転勤。 2児の父 and会社員and実家はのうかの条件を満たす人物です。 のうかになるにしても、十分調べてからと考えている慎重派かつビビり派です。いろいろ書いているうちに、考えがまとまるかな?と思っています。