日本農業経営学会の存在

      2018/03/06

日本農業経営学会

日本農業経営学会という組織が存在していることに、気づいた。

https://fmsj.jp

きっかけは、農業アドバイス/コンサルタントのサイトに貼られたリンクだ。この学会では、農業経営の論文/レポートが発表されており、いくつか論文を見ることができた。

日本農業経営学会のターゲット

酪農家の搾乳自動化に関する投資と回収について、書かれた論文を目にした。一般的な酪農家が目にすることはほとんどないと考えられるが、コンサルタントやJA職員がアドバイスする材料としても、やや力不足なのではないか?と思われる。この学会のターゲットは誰なのだろうか?という、疑問が湧いてしまう。

農業が儲からないと言われて久しいが、根本の問題は、企業経営者としての認識不足と、それをアドバイスする人たちの力不足ではないかと感じている。たまたま覗いたこのサイトがよくなかっただけなのだろうか?

経営者としてのリスク管理

農業経営者が設備投資等に踏み切る際に、どの程度のリスクを考慮に入れて、startを切るのか、どの程度まで回収の計画を作ってstartするのか、よくわからない。親父の世代は、きちんと計算していた気配は見られ無い。現状は違うかもしれない。農業と言えば土壌や飼育の技術や、作物の知識がよく議題に上るが、企業としての存続は財務が鍵を握っている。ここのリスクをより減らすことが、農業の発展に必要であると考える。

 

自分が農業をやるとして・・・・。

技術/財務のバランスをとった経営を目指す必要がある。技術は親父が磨いて来ただろうし、エンジニアの自分としては、改善を進める方法については、十分学んできた。残るは財務面の知識増強だろうか・・・。もうすこし、農業経営について、研究してみたい。

 -本を読んでみた。

ad

  関連記事

読書:農業の経営と生活2

第2章 農業経営の組織と運営 第2章は親元で施設園芸を始める若者が、父親から与えられた30haでもう

読書:農業の経営と生活

農業の経営と生活という本を購入 まずは座学からスタートと考えて、七戸長生著「農業の経営と生活」を購入

読書:農業の経営と生活 第3章

第3章で一気に経営のお話に切り替わります。農業経営ですが、中身は企業経営の診断にまつわる指標で、単位

農業経営者という雑誌を買ってみました。

農業経営者という雑誌を買ってみました (株)農業技術通信社という出版社から発刊されている「農業経営者

AI農業って本当にありなのか?IOTやAIは本当に豊かな農業にしてくれるのか?

AI農業って本当にありなのか? こんな本を読んでみました。 「ITと熟練農家の技で稼ぐAI農業」です

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

パソナのビルの中の田んぼってどうなったんだろうか?

パソナの田んぼってどうなったんだろうか? 人材紹介を中心とした事業を展開するパソナグループが田んぼを

植物工場は実現可能か?大手企業さんに問い合わせて見た。やっぱり無理か・・。

P社の植物工場担当に問い合わせしてみた。多額投資が必要か・・。伏字ですいません。 最近流行の植物工場

AI農業って本当にありなのか?IOTやAIは本当に豊かな農業にしてくれるのか?

AI農業って本当にありなのか? こんな本を読んでみました。 「ITと熟練農家の技で稼ぐAI農業」です

韓国いちごの美味しさの秘密 日本のいちごはまけたの?

韓国のイチゴはおいしい? 先日の平昌オリンピックで活躍した、カーリングのLS北見。試合中の栄養補給と

AGMIRUという農業資材比較サイト

AGMIRUというシステム 農林水産省の農業競争力強化プログラムの一環として、農業者に役立つ情報の「

  • 長野県在住でしたが、北海道に転勤。 2児の父 and会社員and実家はのうかの条件を満たす人物です。 のうかになるにしても、十分調べてからと考えている慎重派かつビビり派です。いろいろ書いているうちに、考えがまとまるかな?と思っています。